アフィリエイトカフェ

2016年4月よりアフィエイトをはじめたけれど、正直なところ稼げていません。失敗からの学びを共有していきます。

SEOの失敗

ネガティブSEO対策!悪質なスパムサイトを削除した私の方法♪

投稿日:

アフィリエイトを本格的にはじめて1年2か月が過ぎた頃のことです。半年前に作ったランキングサイトが、あるキーワードで上位表示され月5~6万円の収益を上げるようになりました。

しかし、8月の半ば、突然に順位が40位とか50位台に急落して、収益も0円になってしまったのです。

なんということでしょうね、ゆるせません!

3か月以上も費やし、図書館で参考文献を何冊もあたり、外注を使わずにサイトデザインから記事作成まですべて自分1人で仕上げたサイトです。

それまで作ったサイトのなかでも一番、がんばったサイトでした。

こんな駆け出しのアフィリエイターに対してこんなことをするとは…

そのうち必ずバチがあたることでしょう。

さて、話をもどします。

サーチコンソールに登録してみたら、価値のない質の低いコンテンツというペナルティを受けていたことがわかりました。

そして、以下のようなメッセージが…

”このサイトのほとんどは、ユーザーに付加価値を提供しない質の低いページ(実質のないアフィリエイト ページ、画一的なサイト、誘導ページ、自動生成されたコンテンツ、コピーしたコンテンツなど)で構成されているようです”

どうしたらいいものか?

原因は被リンクによる逆SEO?


まず疑ったのは、身に覚えのない被リンクをうけていないかどうかということです。

しかし、調べてみた結果、余計な被リンクは一つもない。

そこで、サイト名でGoogle検索をかけてみると…

なんと、スパムサイトが数えただけでも20サイト以上見つかったのです。

サイトの中の文章やサイトタイトルを勝手に文章に散りばめた人に読ませるものではないものが、たくさん検索上位にヒットするのです。

それで、自分のサイトは、4ページ目とかに表示されるのです。

被リンクであれば、被リンクの否認を行えばいいわけですが、スパムのバラマキに対してはどう対処すればいいのか?

悪質なスパムサイトに悩まされ、はじめに取った行動が次の行動です。

検索画面下のフィードバックから苦情を申し立てる

これは、3~4回は検索画面をキャプチャーまでして苦情を申し立てました。

どのようなことかといいますと…

 

”○○というサイト名で検索すると○○は4ページ目の最後にヒットして○○のサイトの中の文章や語句を用いた無関係なサイトが上位表示されていますので削除をしてください”

という内容です。

これで半年以上は様子を見ましたが、状況は何も変わりませんでした。

そして、最近になってクロームにGoogle Webspam Report (by Google)という拡張があることを知りました。

以下に詳しく書きますね。

クロームのGoogle Webspam Report (by Google)でスパム報告

結果的に、これは成功しました。

まず、クロームにプラグインをインストールして、さすがに全部は無理ということで5つぐらいにスパムサイトのURLを記載して、起きている状況を簡単に説明しました。

1週間後、見事にスパムサイトは削除されました!

(ちなみに、このときサーチコンソールからも同じスパム報告レポートが送信できるこががわかりました。)

しかし、ここで問題が…

なんと、自分のサイトも検索結果から表示されなくなったのです!

さて、これはこれで困ったなぁ…

ということで、この続きは、また今度!

-SEOの失敗

Copyright© アフィリエイトカフェ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.